プレアフカバー画像_時間変更.png

「Premiere Pro使い向けAfter Effects講座」とは?

■普段はPremiere Proを使っていて、After Effectsにも手を出したい方向けのスキルアップ講座です。

■今回は入門編としてPremiere ProとAfter Effectsの違いを中心に解説します。

■Q&Aの時間の時間では、その場で実践できるものであれば画面共有にてお見せいたしますので、

  どしどしご質問ください。

■後半の実践ワークではPremiere Proと連携しながら動画の切り替えエフェクトを作成します。

  ワークで作成したエフェクトはご自由にお使いください。

  (当日はAfter Effectsを使用しますので、お持ちの方は起動できる状態にしておいてください。)

​!注意!

After Effectsも習得したい方向けの講座ですので、以下の内容を読んで参加をご判断ください。

スピーカー

​プレゼンター

イッシー-min.png
  • Twitter

石井貴也(イッシー)

映像クリエイター

動画フリーランスチーム若羽 エディター

​学生時代から学生フリーランスとして活動

主に「モーショングラフィックス」と呼ばれる

映像表現を得意とし、企業のロゴモーションなどを主に制作している。

学生フリーランス → カメラマン → エディター

そもそもAfter Effectsって何ができるの?

動画クリエイターの皆様はじめまして、イッシーです。

この講座のページを見ていただいているということは、

「After Effectsには興味あるけど難しそうだな…。」と思っていることだと思います。

 

今回はすでにPremiere Proを普段から動画編集に使われている方に向けてですが、

「そもそもAfter Effectsで何ができるのかが分からない」というのは

僕もよく聞かれることがあります。ですので今回はPremiere Proとの違いを話しつつ

After Effectsを解説していきます。

 

After Effectsの最大の利点は、特殊な演出・エフェクトを作りやすい所だと思います。

実は先ほどの僕の自己紹介のところにある動画は、After Effectsで制作した動画です。

Premiere Proでこのようなロゴモーションなどの動画を作るのは難しい所があります。

​実はPremiere ProとAfter Effectsの画面は同じ…?

After Effectsに手を出しづらいなと思われる要員の一つとして

Premiere Proと用語が異なるから分からないというのがあります。

 

ですが、実は画面操作は「用語が異なるだけ」なのでほとんど同じです。

普段からPremiere Proを使っている方であれば、

すぐにAfter Effectsの操作ができるようになります。

今回の講座では両者の画面の共通点などを徹底解説するので、

​この講座を受ければすぐにでもAfter Effectsを使えるようになります。

After Effectsで+αの表現をしてみよう!

この講座の後半では実際にAfter Effectsを触っていきます。

今回の入門編では図形による演出である、「モーショングラフィックス」で

動画のトランジション(切り替えエフェクト)を作成していきます。

具体的にどんなものを作るのかは以下の動画をご覧になってください。

この動画を見て「おっ」と思っていただければ幸いです。

この「おっ」と思えるような表現ができるのもAfter Effectsの強みですので、

​今回の講座で持ち帰っていただけたらと思います。

講座を開く理由

25548_ext_24_1.png

この講座の目的としましては、動画編集者にAfter Effectsがもっと広まって欲しいという所があります。

なぜなのかと言うと、最近はクラウドワークスやココナラなどで動画編集をする人が増えたことや

​動画の市場が盛り上がりを見せていることが背景にあります。

「動画の需要が伸びているなら仕事がたくさんあるからウハウハでは?」と

思われるかもしれませんが、多くの人が動画編集に参戦できるようになったということは

その分、単価の低下も起きてくると思っています。

クラウド系で動画編集のお仕事をする場合には一本あたり3,000円〜5,000円が相場です。

編集内容もテロップを入れるだけであったり、比較的簡単な物が多めです。

これらの仕事が悪いわけではないのですが、副業ではなく独立したクリエイターとしてやっていくには

かなり本数をこなさないといけなく、なかなか厳しいものがあります。

ですが、After Effectsで制作したロゴモーションは1本30,000円と高単価で引き受けることが可能です。

(その分クリエイティブを求められたり、制作が大変であったりしますが)

動画編集者にAfter Effectsが広まり、技術の底上げがされれば

多くの動画クリエイターがより高単価な案件を受けられたり、

動画の表現の幅が広がったりと良いことに繋がると思っています。

今回の講座をきっかけにAfter Effectsを使えるようになり、

​普段のPremiere Proでの編集に+αの表現をしてみませんか?

より

引用:株式会社サイバーエージェント

どんな人向けの講座なの?

・Premiere ProだけでなくAfter Effectsも使えるようになりたい人

・もっと動画編集の単価を上げたい人

・もっと動画のクオリティや表現のレベルを上げたい人

です。

元々Premiere Proを使用している方向けにの内容になっていますので、

Premiere Proを使用して3ヶ月以上の人が良いと思います。

​また、講座の後半では実際にAfter Effectsを使って動画の切り替えエフェクトを一緒に作っていきますので、

After Effectsを使います。ですので、お持ちの方は事前にダウンロードをお願いします。

今の動画編集のビッグウェーブに乗って、クリエイターとして一緒にレベルアップしていきましょう!

イベント概要/申し込み方法

■2021年3月20日(土) 19:00-20:30

■実施媒体:ZOOM(PC、スマホいずれでも可)

■参加費:なし

■申込方法:以下のフォームよりお申込ください。当日の参加URL(Zoom)を送信させていただきます。

■その他:

講座後半は交流や質疑が出来る時間等を出来るだけ確保できればと思っています。

講座後にアンケートへのご記入をお願いします。